開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

テキサス州立大学卒業生ふくだ ちなつ

取材やお問い合わせはこちらから

テキサス州立大学卒業生ふくだ ちなつ
日本の高校卒業後、英語がほとんど話せない中、アメリカの大学に入学する。入学後は、アウトドア冒険クラブに入部、奨学金付きでオーケストラに参加、大学の日本語クラスを教えたりと様々な活動を展開する。大学2年の時に、日本文化クラブを立ち上げ大学初の日本フェスティバルを企画。資金ゼロの状態からボランティア・観客を含め200~300人以上を動員する。卒業時には、卒業代表候補にもノミネートされる。卒業後は、外資系大手2社を経て、教育業界へキャリアチェンジ。夢は、英語学校をつくり、こども・若者に海外留学や海外にはばたいていくことの素晴らしさを伝えること。現在は育児中につき、ゆるく仕事中。

テックスタイルラボラトリー代表高橋 直美(たかはし なおみ)

取材やお問い合わせはこちらから

テックスタイルラボラトリー代表高橋 直美(たかはし なおみ)
実践女子大学文学部卒。アパレル会社勤務を経て、川上のテキスタイルメーカーで15 年余テキスタイルデザインに従事。繊維産業はかつて日本の主要産業でもあり、現在 もなお世界の注目を浴びるも、日本のマーケットの弱体化とともに衰退の一途をたど る。「繊維産業の生きる道はもはや海外進出!」2010年独立単身渡伊、日本のテキス タイルのプロモーションを開始。言葉、習慣の異なる海外とのビジネスで何にもまし て大切なことは、謙虚に相手を知り友好的に懐に入るコミュニケーションであること をゼロからの出発で学ぶ。現在、繊維産業に関する輸出入代行を行う。座右の銘、 「女の道は一本道、引き返すは恥にございます。」

NEO駐在妻 学生/ライター吉澤 さとみ(よしざわ さとみ)

取材やお問い合わせはこちらから

NEO駐在妻 学生/ライター吉澤 さとみ(よしざわ さとみ)
1984年福島県相馬市出身。聖心女子大学英文学科卒業後、IT系企業の人事部門で採用、労務、人事システム導入などの濃密な時間を過ごす。2011年3月の大震災で両親が被災。それをきっかけに人生を考えなおし、約4年勤めた会社を退職。海外や英語とは無縁の生活だったが、2011年7月より主人の海外駐在に伴い世界中を巡る日々に。アメリカ、オランダ、オーストラリアの駐在中に約20カ国を旅し、世界中に友人ネットワークを形成中。グローバルで活躍中の友人と海外進出支援ビジネスの立ち上げ、海外事情についての執筆活動も行っている。趣味はテニスと読書、 得意分野は宗教社会学、文化人類学など。

UCLA公共政策大学院佐藤 将史(さとう まさし)

取材やお問い合わせはこちらから

UCLA公共政策大学院佐藤 将史(さとう まさし)
1977年生まれ、東京都出身。小学生時に1年間、LAに在住。大学院修了後、日系コンサルティングファームに就職。官公庁、独立行政法人等をクライアントに、科学技術、大学教育、防災、環境、スポーツ分野の政策立案コンサルティングを手がける。2011年より2年間、UCLA公共政策大学院 MPP (Master of Public Policy) に社費留学中。ライフワークはサッカー日本代表及びFC東京のサポーター活動。2002年以降、FIFAワールドカップを4大会続けて現地観戦。

スキマトーク代表清水 幸治(しみずこうじ)

取材やお問い合わせはこちらから

スキマトーク代表清水 幸治(しみずこうじ)
一橋大学経済学部を卒業後、電機メーカーで中国事業、主に携帯電話事業立ち上げに従事。 北京駐在中、立ち上げた会社や一緒に働いたチームをリストラするプロジェクトを統括。プロジェクトマネージャーの職務を全うした後、諸行無常を強く感じて、2010年に退職、MBA留学。UCバークレー留学中に、クラスメートのアメリカ人とシリコンバレーのWebエンジニアとともに起業し、SkimaTalk, Inc.設立。人生の目標は、日本が持つ100の問題を解決するために、100の新しい事業を立ち上げて、日本をよりよくすること。2012年6月、その第一歩として、 日本のガラパゴス化を防ぐソリューション「スキマトーク」を本格始動。Twitter @kojishimizu_

インド在住サッカー指導者三田 智輝(みた みちてる)

取材やお問い合わせはこちらから

インド在住サッカー指導者三田 智輝(みた みちてる)
日本体育大学卒業後、静岡スバル自動車サッカー部などでの選手経験を経て、2002年から指導者となる。2004年に青年海外協力隊員としてバングラデシュサッカー連盟に配属されたのを皮切りに、アフリカのスーダン共和国、インドの首都ニューデリーで指導。スーダンではサッカー協会と協力し、協会初の育成組織、スーダン少年サッカーアカデミーを立ち上げた。現在は、インド国内2部リーグ所属のシムラヤングス フットボールクラブの監督として活動中。

元外資系客室乗務員森 純子(もり じゅんこ)

取材やお問い合わせはこちらから

元外資系客室乗務員森 純子(もり じゅんこ)
1981年神戸生まれ。立命館大学文学部英米文学科卒業。在学時、イギリスBath Spa University へ学部留学。Creative Writing専攻。卒業後、特許事務所を得て、中東系航空会社入社。世界110都市以上就航、100カ国以上の国籍クルーを有するこの会社で客室乗務員として勤務。現在育児休養中。

異文化交流夢追い人奥田 直昭(おくだ なおあき)

取材やお問い合わせはこちらから

異文化交流夢追い人奥田 直昭(おくだ なおあき)
東京都出身。立教大学法学部卒業。大手繊維化学メーカー勤務時にオランダVenlo、アメリカAtlantaにて現地法人社長として約15年。定年後オランダVenloにて現地物流会社のコンサルタントとして6年。その間 オランダ・プロサッカークラブ VVVにて日本選手の現地生活のサポート並びに VVV Venlo Fan Club Japanを運営、ChairmanとしてVVV-Venloの日本へのPR活動に従事 現在に至る。サッカー以外には USA Nashvillle Soundにはまり約50年。Country & Bluegrass Musicに熱中、度々USA Nashiville 訪問。

ヴェネチア留学山崎 創己(やまざき そうき)

取材やお問い合わせはこちらから

ヴェネチア留学山崎 創己(やまざき そうき)
1991年12月24日生まれ。早稲田大学国際教養学部3年。親の仕事の関係でカナダで生まれ、5歳までオーストラリアのシドニーで育つ。日本帰国後は地元埼玉の高校を卒業し、早稲田大学に入学。小中高でサッカー、テニスをかじったが、大学でスカッシュにはまり、1年の冬に全国大会出場を果たす。2011年9月からイタリアのヴェニスにて1年間の交換留学をする。留学中にタンザニアでのボランティアも経験。趣味はスカッシュ、旅行、新しい物を探すこと。どうにかこうにか国際人になる道を模索中…。

タイで戦う大学講師吉嶺 加奈子(よしみね かなこ)

取材やお問い合わせはこちらから

タイで戦う大学講師吉嶺 加奈子(よしみね かなこ)
1980年福岡県出身。大学院修士修了後、大手電機メーカーに勤務。仕事のストレス解消とダイエットを目的に始めたキックボクシングに夢中になりやがてムエタイに転向、働きながら試合に出場するようになる。何度もタイにムエタイ修行に通ううちに、タイで生活した方がムエタイと深く関われると気づく。1年間の準備期間を経て、タイ国立大学日本語学科の専任講師に転職。現在は日本語教師の激務の合間を縫ってムエタイの技を磨く日々を送っている。夢は、元ムエタイ選手支援のためのNGOを作ること。

開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る