パキスタンからグローバル人材を考える(1)

パキスタンシンド州の伝統的な音楽を演奏するミュージシャンをホームパーティに招いて

最近グローバル人材という言葉をよく聞きます。

グローバル人材を育てるためにはどうしたらよいか?
もっと世界で活躍できる日本人を育成しよう!
そのためには英語やITを幼少期から教えよう

といった議論がなされていますね。

企業が独自に実施している取り組みとして、

グローバル展開を進める上で社内公用語を英語にする、
新卒入社後必ず数か月から数年の海外事務所での勤務を経験させる、
留学生や海外からの社員採用数を拡大する

といった動きもあると聞いています。

英語ができれば世界の大部分で意思疎通ができるようになるでしょう。また、日本と違う環境、多くは生活しづらい環境で過ごすことは役に立ちます。多様なものの考え方、異なる視点を身に着けるという意味では、海外での生活そのものも十二分に意味があると尾崎は感じています。ただ、それだけでグローバル人材になれるというわけではないと感じるのです。

 

ドイツ留学中の筆者。一緒にいるのはスロバキア人。筆者のグローバル化はこの頃から始まった…気がする。

 

そもそも、グローバルに活躍できる人材とはどういった人でしょうか?
尾崎は大きな二つの条件があるのではないかと考えます。

一つは自分の考え、ストーリーを母国語ではっきりと構築できること。
もう一つはどんな逆境でも適応し、生活し続けることができること。

 

 

今回は一つ目の条件である

「自分の考え、ストーリーを母国語ではっきり構築できること」

をとりあげます。

 

グローバルであるためには英語やフランス語、最近重要性が増している中国語、
といった外国語が話せることよりも、意味を含んだ話ができる力が求められます。

日本語で筋が通らないストーリーや説明はどんなに語学が堪能であっても、
外国語に翻訳することは不可能です。

日本語で意味がわからない話や文章を外国人に理解してもらうのは至難の業。

逆に日本語でしっかりと意味が通るストーリーや説明はたとえ高度な内容であっても、外国語に翻訳することが可能です。
(自分でやるか、通訳といったプロにお願いするかは別として)

 

言葉を替えれば、意味がきちんと含まれており、
それが事情を知らない人にとっても理解できるよう話が整理できる人は
世界のどこに行っても発信力がある人ということです。

 

どれだけ英語やフランス語、中国語が堪能であっても話す中身がなければ
うわべだけの意思疎通になってしまいます。
表面上丁々発止のやりとりをしていても、中身が伴っていなければ
グローバル人材としてのコミュニケーション力があるとは言い切れません。

外国語(特に英語)にコンプレックスを抱きがちな日本人としては
外国語でペラペラしゃべっている日本人は羨望の的ですよね。
(尾崎も日々語学力の不足を痛感させられております、涙)

ただ、真に外国人から尊敬され、評価されるのは言葉の流暢さではありません。
しどろもどろであったとしても、文法が多少不十分であったとしても、
その人の主張が伝わってくるか、筋が通った独自の見解を持っているか、
そういったポイントこそ彼らが評価するところなのだと感じています。

マーケットでカレーを料理しているおっちゃん。一説によるとこういうのが非常に美味だとか。

(次回へ続く)


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る