3年B組ムエタイ先生~No.03「なぜだ?ムエタイを知らないタイ人」~

今の勤務校での最初の講義。
あの時のことを、今でも鮮烈に覚えています。

「私は吉嶺 加奈子です。東京から来ました。
名前が難しいのでカナー先生と呼んでください。
趣味はムエタイです。どうぞよろしくお願いします」

↑学生の前で熱く語るワタクシ。

こんな風に自己紹介をしたのですが
あるタイ人男子学生からの質問に、面食らってしまいました。

「せんせー質問でーす。『ムイタイ』ってなんですかー」

ムエタイ知らないの?タイ人なのに?毎週テレビでやってるでしょ?!

結局、私の発音が日本語風だったので(タイ語だと「ムアイタイ」に近い音)
ムエタイ=タイの国技のアレ、とすぐに結びつかなかっただけのことでしたが
それぐらい、タイ人大学生達にとってはなじみの薄いもののようです。ムエタイ。

また、こんなこともありました。

タイ文化学科で「古式ムエタイ」のデモンストレーションをすることになり
それぞれの技をタイ語の他に英語と日本語で解説したいとのことでしたが
あいにく英語学科にも日本語学科にもムエタイに詳しいタイ人がいませんでした。
仕方がないので、私がルンピニボクシングスタジアムに学生たちを連れて行き
基本の技やルールについて逐一説明することに…。
それこそ、「はい、今の技は『ジャブ』と言います」レベルからの説明です。
日本で置き換えて言うと、両国国技館で大相撲の取り組みを見ながら
アメリカ人が日本人に「あれは『つっぱり』です」と説明しているようなものです。

日本でも、日本人の大相撲離れが問題となっていますが
タイも同様の現象「ムエタイ離れ」が起きていることを痛感しました。
実際、タイ人大学生や周りの裕福層~中間階層に「好きな格闘技は?」と聞くと
大多数がテコンドーを挙げ、ムエタイを挙げる人はいません。
逆に「なんであなたは日本人なのにムエタイが好きなの?」
「あんなの野蛮で貧しい男がやるスポーツよ」
「人を蹴ってお金を貰うなんて、とても尊敬できないわ」なんて言われる始末です。

でも、古式ムエタイの高い芸術性や試合での精神的攻防戦。
ジムの厳しくも温かい上下関係、先生達の優しさ。
己の体一つで、階級を超えた成功ができる一発逆転性…。
これは、他のどの格闘技にもない独創的で優れた特徴だと思います。

タイ人、特に学生達にとって「ムエタイ」はネガティブイメージでしたが
ムエタイバカ(笑)の私が赴任し、ムエタイが日本で人気があることを知って
プラスイメージを持ち始めたようです。

ちょうど赴任してすぐの頃、ブアカーオ選手がタイ国内外で活躍し
タイのテレビや新聞・雑誌でも大きく報道されたおかげで
「せんせーブアカーオ知ってる?初めて見たけどかっこいいね」なんて
話しかけてくる学生も出てきて、とても嬉しいです。
さすがに「せんせー私にムエタイ教えてくださーい」と言われた時は
タイ人の先生に習いましょうね…と答えてしまいましたけど。

そして、すごく嬉しかったこと。
廃部になっていた「大学ボクシング部」が、期間限定ですが復活しました。
元々、ルンピニボクシングスタジアムから一番近いところにある大学です。
場所柄、ルンピニボクシングスタジアムの審判をしている先生も多く
その関係なのか、昔は大学にボクシング部があり、それなりに強豪だったようです。

そして月日は流れ、学生達のムエタイ離れが進み
顧問の先生も高齢化したため、しばらく活動を休止していました。
しかし「日本人のムエタイ選手が講師として大学にやってきた!」と噂になり
せっかくだから…と当時の顧問の先生達が授業の合間を縫って再開してくれました。
残念ながら、あくまでも「ボクシング部」なのでキックミットは使えませんが
サンドバッグの打ち込み練習に参加させて頂いてます。

学生達に交じっての練習なので、最初はドキドキしましたが
タイの国技を愛する外国人、としてみんな好意的に接してくれます。
本当にありがたいことです。

言葉で自分の思いを伝えるには限界があると思います。
でも、一緒に走って、縄跳びをして、サンドバッグを叩いていれば
こちらの真剣な気持ちや、どれくらいムエタイを愛して練習してきたかが
ちゃんと伝わる。ような気がします。

そして、ムエタイは下層階級の人達と縁の深い格闘技であるため
守衛さんや掃除夫さん達からのウケが非常に良くサンドバッグを叩いていると
「先生、そうじゃねえよ。ミドルを蹴る時の腰はこうだぜ!」と
いつの間にか横で即席トレーナーになってくれることも…。
「ムアイサヤーム(日刊ムエタイ新聞)」を差し入れてくれたこともありました。
正に、ムエタイが繋いだ心の交流ですね。

自分がいる間に、学生や周りのタイ人の方々に
「あなたの国にはとても誇れる格闘技があり、それに心酔する外国人も多い」と
言葉や行動で伝えていきたいと思います。
そして、「怖い、野蛮、貧しい」といったムエタイのネガティブイメージを
少しでも払拭できたら…とも思います。

次回こそは「ムエタイとキックボクシング、どう違うの?」とか
「仕事をしながら、どうやってムエタイの練習をしているの?」とか
ムエタイ自体の話をしたいと思います。


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る