【開国ニュース】今の日本人には怒りのパワーが足りない

先日、開国ニュースでお届けした「震災で見えた政府にも優しすぎる日本」についての記事がありました。

PJ Newsでは、上記記事と同様の立場を持ちながら天災だけではなく人災も同時に発生した今回の東日本大震災について、日本国が起こした被害について被災者はもっと怒るべきだ、と報じています。

壊滅状態になった日本人たちがいる。それは何の因果応報だろうか。大自然が起こした災害だからといってあきらめの境地なのだろうか。

日本人は、歴史的に島国に生息してきて、何度も自然の脅威をみせられ被災にあっていて、自然は神であり逆らってもしょうがないとあきらめと言うより長い間の慣習として来ていた様だ。そして一方、人災とも言うべき、第2次世界大戦まで引き起こした日本自身は、原爆まで落とされ日本焦土と化した経験も持っている。

天災、人災の度に、その天災人災に対してひれ伏して来た。そして、辛抱強く耐え忍び、我慢してコツコツと再び立ち上がり復興して来た。それが、日本人の姿なのだが、それが日本人の本来持っている謙虚さとかに結びつけられているが、本当にそうなのだろうか。. (PJ News)

3月11日の東日本震災後、2ヶ月近くが経つにもかかわらず避難所で生活する方は数多くいます。

原発周辺の住民への取り扱いや、仮設住宅の建築についても政府の対応が行き届いているとは言い切れない状況です。

「怒ること」については、どんなときも推奨されるものではないかもしれません。ですが、歴史を振り返ってみると、大きく世の中を変えてきたのは「喜び、哀しみ、楽しみ」ではなく「怒り」なのかもしれません。

元記事: 何故、日本人は、「怒らない」のか。(PJ News)


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る