【ニュース】中国の海亀派では日本留学・就職は不人気に



中国の富裕層を中心に海外留学するのが当たり前になってきているが、留学や現地で就職してグローバルな能力を身に付け、本国で活躍している中国人を「海亀」や「海亀派」は呼ばれ、貴重なグローバル人材として政治・経済などの分野で重宝されている。

そんな中、日本で留学・就職した経験を持つ中国人が帰国した後、本国でのキャリアを積むうえで、欧米に留学した海亀と比べて非常に不利な状況になっていると、ダイヤモンドオンラインが伝えている。

「石の上にも3年」といって職人の方向に人を養成する日本企業での就職経験では、中国に帰国後、欧米留学経験者と比べて不利に立たされることが多い。5、6年、日本企業で働いても平社員のままで、10年くらい働いてようやく係長か課長補佐になる。一方、同じ勤務経験があると、欧米企業では何とかマネジャーになり、部下をもつケースが多い。そうなると中国に帰ったときの評価が違う。中国国内の日系企業でも同じ傾向が見られる。給料体系も欧米系の外資企業と比べて、完全に不利になる。

そうすると、日本での生活経験や日系企業での就職経験は「マイナス財産」だと恨めしくなる。日本社会では目標を定め、中途半端にせずに、こつこつと最後まで努力を貫くことを美とする。しかし、実力主義の欧米と似通う中国社会では、努力だけでなく、上手に自己PRをすることも求められている。

純血主義に陥りやすい日本企業は、外国人社員の心を掴み、日本での生活経験や就職経験を「プラス財産」と見られるような、国際社会に通用する人材育成体系を作る必要性に迫られている。

 

 

(DIAMOND ONLINE)

その昔は、人気の留学先として注目を浴びていた日本だが、いまではトップクラスの学生は欧米やシンガポール、インドに目を向けている。確かに日本の大学教育の現場に目を向けてみると、改善の余地は多く、それは大学側だけでなく、学生側にも大きく考えるべきポイントがあるだろう。また、政府として、この状況をどう改善していくのか、それも注目したい。

 

元記事: 中国で日本留学・就職経験は「マイナス資産」?


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る