宗教を知ろう

Yoshikawa_eyecatch

宗教=信心+道徳

生まれたときにはお宮参り(神道)をし、教会(キリスト教)で結婚式を挙げ、お盆(仏教)もクリスマス(キリスト教)も祝い、お葬式は仏教式でする日本ではあまり宗教を意識することはないが、世界の多くの地域ではかなり意識している。事実宗教、宗派の違いが紛争や国際的緊張を生み出している場合が多い。

例えば、エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地であるが故に、その帰属問題は今なお紛争の種となっている。インド・パキスタン間のカシミール問題もことの発端は藩主がヒンズー教徒で住民の多くがイスラム教徒であったため、ヒンズー教のインドとイスラム教のパキスタンのいずれに帰属するか、でもめている。また、サウジアラビアとイランの間にはスンニ派、シーア派という宗派の違いにより対立関係にあり、バーレーンでイラン側がシーア派を支援すれば、サウジ側は軍隊を派遣してスンニ派を支援している状態である。
Yoshikawa例えばアメリカの大統領選において、候補たちは必ず同性愛、人工中絶について意見を求められ、今なお同性愛同士の結婚が州単位で許可される、されないでもめている(つい先日ニューヨーク州で許可されることになったばかり)。それは、キリスト教で同性愛はいけないと教え、人間は胎児の時から人間である、(故に中絶は殺人である)と教えているからである。そして、同性愛、人工中絶について問われれば、大統領候補は認めないといわなければ、多くのキリスト教徒の票を失い、落選しかねない。また、前回の大統領選でミット・ロムニー候補(共和党)はモルモン教徒ということで保守派の支持が取り付けず、早々に撤退した。本来モルモン教はキリスト教の一派だが、20世紀初頭まで一夫多妻制を採用しているなどの理由から異教という偏見がアメリカ国内に根強く、この偏見の壁を乗り越えられなかった。(2012年に向けて再立候補したが、 経済が悪すぎて、ロムニー候補の経済に強いという印象が勝り、共和党候補内ではトップランナーの地位を占めている)なぜ世界の人々は宗教を強く意識しているのか?それは、善悪の判断基準を定義しているからである。日本の場合、宗教としての仏教と倫理学としての儒教が両方伝来し、前者が個人の信心、後者が道徳と、役割分担をすることになったが、その他の多くの地域では、宗教=個人の信心+道徳と認識されている。道徳まで根付いているが故に、宗教が政治に知らず知らずのうちに反映されていることが多々ある。

さらにもう少し突っ込んで、なぜ宗教の中に道徳が深く入り込んでいるのか?宗教の社会的役割の根源は人々の求心力だからではないかと考えている。日本だと、幸か不幸か、別に日本人とは誰かと考えさせられるような出来事があまりなかった。海で隔てられている分、あまり外界との行き来が少ない分、何となく日本列島に住んでいる人でよかった。明治初期、太平洋戦争時に、どうしても日本人がまとまらなければならないというときには、天皇制が求心力の役割を果たした。(天皇制を日本の求心力にするためのロジックとして神道はあったけれど、その逆ではない)

だが、ユーラシア大陸で陸続きに多民族が接触し、混血が多く生まれ、或いは戦争に負けて国が消滅する憂き目に遭うなどの歴史を繰り返すうちに、民族以外、国以外の定義が必要になった。となると、○○文化の継承者という定義は一つの選択肢としてありえる。そこで、個人崇拝には関係ないような古来の文化の継承が宗教に含まれるようになった。

こうして宗教に価値観が深く関係しているため、別に何かの宗教を信じろとはいわない(私自身無神論者である)が、世界の宗教について少しは知っておくべきだろう。

 

「神」の性格を比較

世界の宗教について、正攻法としての勉強はその道の専門書などに譲るとして、ここではちょっと変わった視点から考えてみたい。宗教には、神の言動を伝える逸話を今日に伝えているが、その「神」は、理想のリーダー像を表現しているのではないかと考えている。

Yoshikawa 例えば、神道でいえば、神の数は八百万といわれるくらい、何にでも神がいる想定だ。その中でリーダーの神は天照大明神だが、神々の中でも飛びぬけて力があるわけではなく、神々から恐れられているわけでもない。そして、神々は年に一度「神無月」に集まり、会議を開く。こうした土壌のせいか、日本の政界には一個人が強いリーダーシップを発揮することはめったになく、会議がやたら多い。要は、日本人は強いリーダーが嫌い、皆で話し合ってコンセンサスを作るのが好きなのである。一方、キリスト教だと、神は一神のみで、誰に相談することもなく、独断で決めている。アメリカ人を見ていると、確かにこうした強いリーダーが好きである。

また、「小説「聖書」(旧約聖書編)」を神の性格を意識しながら読んでいくと、日本人のイメージする神とは違う点に気付かされる。例えば、日本人のイメージだと、神はいつでも泰然自若と構えていて、何人にも公平で、救いの手を差し伸べると思うが、エホバ(ヤーヴェ)は自ら情熱の神というくらい感情的で、細かいときはものすごく細かいのに、気が向かないと大目に見たりと気分屋さんで、恩着せがましく、えこひいきするが、信者から突っ込まれると、意外に前言撤回をしたり。

いわゆる入門書を読むのは正攻法だが、こういう視点で宗教比較をしてみても、面白いのではないだろうか?

<了>


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る