海外のサムライロールモデルを探す旅へ

南米ボリビアのウユニ塩湖

■ 英語アレルギーはフィリピンで解消できる!

先述の通りですが、以前は本当にドメスティックな人間でしたので、グローバル?何それ?という状態でした。本当に日本国内のことだけを考えていました。もちろん、狙ってそれだけを考えているわけではなく、視野がそこにしか開けていなかったのです。海外のニュースには特段の興味もなく、どこか遠い異世界のように捉えていたと思います。成田空港には片手で数えるぐらいしか行ったことがありませんでしたし、旅行も含めて、海外経験がとても乏しい人間でした。英語にも苦手意識を持っていました。

まずはその英語アレルギーを解消できました。僕は旅出る前に3ヶ月間、フィリピンにて英語マンツーマンレッスンを受けました。英語嫌いで、大学受験時の偏差値が英語で50を越えたことがなかった僕ですが、この3ヶ月間で大きな変化がありました。これによって、英語の苦手意識が消え、今では旅先で出逢う欧米人などと英語でコミュニケーションを交わします。もちろん、たった3ヶ月間の留学でしたので、アレルギーが消えて日常会話ができるだけで、僕の英語力はまだまだ発展途上ではあります。ですが、当初の英語力からは格段にレベルアップし、今後の成長の余地も見えてきて、自信につながってきています。

南米グアテマラのティカル遺跡

また、世界旅行をしている身ですので、海外と日本との違いを色々と感じています。日本の良いところもたくさん見えますし、逆に日本に変な違和感を感じることもあります。それでも僕は日本が大好きです。こんなに素晴らしい国は世界を見渡してもそうそうありません。ただ、それも一度海外にでて、日本との比較をしてみないと見えてきづらいのではないでしょうか。人間、他人がどうこう言っていても、なかなか実感が湧かないものです。やはり、自身の経験でそれを感じないと難しいでしょう。

 

■ 日本人としての役割や機能をしっかりと果たすには、語学力、風習や文化の理解が必要。

また、僕の旅の個人的目的の1つに「世界中に友達をつくりたい」というのがあるのですが、フェイスブックやカウチサーフィンを利用して、現地に住む人達と出逢えるように努めています。旅に出てから本格的にフェイスブック中心の生活になってきたのは、自分自身のグローバル化に向けての1つの変化かもしれません。

グローバルに生きる、戦うために必要な能力についてですが、お逢いしてきた方々からのエッセンスをまとめてみると、語学力や風習や文化というのは大前提であり、その上にあるのは・・・ごくごく当たり前の日本のビジネスパーソンとして必要なモノなのだと思います。日本人として生まれ育った人が、今からいきなり違う国の人になりなさいと言われても無理がありますよね。日本人であることを自覚し、その日本人としての役割や機能をしっかりと果たしてゆくことがこれから求められていくのではないでしょうか。実際、日本人の仕事の細かさや管理能力等は世界ではかなりのハイレベルな位置にあるようです。ですので、日本社会で仕事がデキる人は、海外に出ていっても活躍できる資質を持っているのではないかと思います。ただ、やはりコミュニケーションの伝達において必要な語学力、風習や文化の理解というのは必要でしょう。

グローバル力「教養」

 

それがなくては伝えたいことも伝わらず、非効率極まりないのが現実です。ですので、すぐには身にはつかない語学を今から将来を見据えてしっかりと取り組んでいくことは必須だと思います。特に“英語”というのは、一昔前の”コンピュータ”と同じような気がしています。できる人に任せておけば良かったモノが、誰もが当たり前に使えるツールになる時代は近いことでしょう。と、偉そうに言いましたが、僕も今のままでは取り残されていってしまうので、英語学習を続けていきます。

 

■ 貴方がグローバルに働ける人となれたら、どんなに面白くて魅力的な世界が待っているのか想像してみてください

ボリビアのウユニ塩湖にて

僕自身、既に到来しているグローバル社会に得も知れぬ危機感を持ち、自分自身を変えていこうと努めてきたのは事実です。多くの若者も毎日のようにメディア等で流れる韓国企業の躍進や、中国の台頭、日本の不振などで危機感が蔓延しているのを感じていることでしょう。もちろん、危機意識を持って、なんとかしなくちゃ!と行動をしなくてはならない場合もあります。でも、それって何だか面白くないですよね。自分の生き方を強制されているみたいだし、そんな道を行くつもりもなかったし……。と、そんなことになってしまう可能性もあります。

 

だから、少し発想の転換をしてみると良いかもしれません。例えば、貴方がグローバルに働ける人となれたら、どんなに面白くて魅力的な世界が待っているのか想像してみてください。

 

次の転職先はどこの国でしょうか? 旅行ではなく、住む場所、働く場所として選ぶことができるようになるかもしれません。職場の同僚も日本人だけでなく、世界中から集まってきた人たちと働けるかもしれません。自分が思いついたアイディアを世界中の人たちでより良いモノに変えて、実際にそれを世界中で展開できたらどれだけ価値のあることでしょうか。また、日本語の情報だけでなく、貴方は世界中の最新情報を原文で読むことができるようになるかもしれません。といったように、まだまだ魅力的な世界が広がっていると思いませんか?

ネガティブに押し潰されるのではなく、ポジティブに考えていきましょう!

ピンチはチャンスです。

開国ジャパンプロジェクト

<了>


 

1 2

Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る