【ニュース】県職員、高校生向け無料3カ国語講座

和歌山県庁が語学・外国文化への理解と関心を県民に深めてもらうために語学文化サロンを復活させました。

語学文化サロンは、韓国語、スペイン語、中国語の3クラス。県文化国際課の国際交流員が講師を務め、県職員や臨時職員を対象に週1回45分受講無料で開いている。かつて英語やフランス語の講座はあったが、いつしか無くなっていた。

グローバル化の流れを受けて16年ぶりに復活した講座は初心者向け。あいさつや方言、文化の紹介などを交えながら基本的な会話ができるようにする。当初1クラス10人前後を想定していたが、一時は3クラス計100人が参加。韓国、中国語講座が人気で、“脱落者”はあるものの今も約80人が受講する。県の翻訳サイトや海外向けパンフレット作りにも活躍する国際交流員が教えるため、分かりやすいと好評という。

外国人観光客の誘致などを担う県観光交流課では、交流推進班5人全員が参加。観光PRなどで頻繁に訪れることから中国語講座を受ける飯田修章課長は「職場で通えて便利。仕事では交渉もあるので、少しでもうまくコミュニケーションがとれるようになりたい」としている。県文化国際課の若林誠治課長は「グローバル化が進むなか、県の仕事にも国際的視野が必要。職員の手助けになれば幸い」としている。

◆高校生に出張講座も

一方、今年度は高校や高等専門学校を対象に国際交流員による出張講座も始めた。これまでに県立熊野高校など2校で中国語や韓国語講座を開いている。問い合わせもあり、「国際交流員とのふれあいを通じて異文化へ理解や関心を高めてほしい」としている。

(MSN産経ニュース)

世界的に活躍する際に「語学」は必要不可欠なスキルでしょう。この無料の語学講座は県庁職員・高校生のみ対象と開かれていません。先生の人員問題など考えなくてはならない問題も多々あるとは思いますが、講座対象を設けず、この講座が全国に広まっていけば、日本人のグローバル化が進むまた一つのきっかけとなるかもしれません。

元記事:県庁に語学サロン復活 職員向けに韓・中・スペイン語 和歌山


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る