平和は作るもの

yoshikawa_eyacatch

日本人にありがちな誤解の筆頭に「世の中デフォルト(初期設定)平和」がある。基本的に平和であるはずで、何かしらのハプニングで一部の悪い人が戦争してしまう。と思っている人があまりに多いように思える。

しかし、逆が真で「平和は作るもの」であり、ちゃんとメンテナンスしていないと、紛争、戦争が起きてしまう。というのが実情である。そのためアメリカのような軍事大国が腕力や知恵の限りを尽くして自国企業が利益の最大化を追求できる「平和」を作り、維持している。

■日本の平和な「平和教育」

一方、そう思ってしまっている人たちがたくさんいる理由も分からなくない。通常、小学校レベルで「はだしのゲン」、「ガラスのうさぎ」等東京大空襲や原爆投下にまつわる映画を数本見せられ、「戦争はよくない」、「やってはいけない」という教育を施した後は、膨大な量の歴史上の事件、主要人物、キーワード、発生年月を暗記させ、歴史の教訓等振り返るほどの余裕をなくし、そのまま卒業となる。大学や大学院で国際関係や安全保障を勉強する以外は、何かしらの国際問題が新聞をにぎわすと、いきなり日米同盟、自衛隊海外派遣、憲法九条、護憲VS改憲等といった言葉に遭遇し、思考の基礎のないままに、あまり地に足のついた議論はなされない。

これでは物事の判断がつかない子供に銃を持たせているようで、無謀極まりない。「はだしのゲン」と日米同盟間にはあまりにいろんなものが抜けてしまっている。というよりそもそも「はだしのゲン」から学ぶべきことがあまりに少ないというべきか。本当はあの手の映画から「戦争はいけない」という以上にはるかにいろいろ考える・学ぶ要素がある。例えば、

■  そもそも、なぜ大空襲・原爆投下を受けないといけないのか?なぜ日本軍が撃退できなかったのか?空襲・原爆投下にあう前に戦争を止められなかったのか?

→ 戦争で負けがこんできたのに、勝つ見込みもないのに、軍部が戦争継続を叫び続け、民衆が空襲・原爆投下というとばっちりをくらった

→まともに勝算を考えられない軍部に日本を任せてはいけないのではないか?

→そもそも、太平洋戦争をする必要は何だったか?

また、「戦争=空襲されること・原爆を落とされること」ではないので、

・  空襲されないように、原爆を落とされないように、負けないように日本は武装すべきではないのか?

・  勝算の低い戦争をそもそもしてはいけないのではないか?

という風に、本来いろいろ考えられるはずなのである。いやあれだけの被害を出したのだから、みんなが考えなければならないのである。上記はほんのイントロなので、読者の皆様にはぜひこれに→や・をたくさん追加して、大ロジックツリーを作っていただきたい。

それを「戦争はいやなもの。ゲンはかわいそう」レベルで止まっていると、マッカーサー元帥のいうように、日本人の精神年齢は12歳程度、と思われてしまう。

Yoshikawa 日本だとなぜか、戦争から大乗仏教的な思考が生まれやすく、人類等しく原爆を落とされてはならない→原爆廃止論に発展していくが、一方戦争の苦しさを同じようになめた歴史を持つ国でその感情が等しく共感されるかといえば、そうでもない。

その端的な例がイスラエルである。第二次世界大戦中、ドイツはユダヤ人をガス室などで虐殺(ホロコースト)した。ではそのユダヤ人は、化学兵器廃絶を世に訴えたか?むしろ、イスラエル建国時に自分たちがイスラエルの地から先住民であるパレスチナ人を追い出す際に使っていた。ではユダヤ人がホロコーストの事実を軽視しているのか?といえば、とんでもない。イスラエルには、ホロコースト記念日があるし、全国民朝10時にすべての行為を止めて一分黙祷する(車を運転していても止めて行うという)という、日本など足元にも及ばない徹底振りだ。さらには第二次世界大戦の戦地でもないアメリカの首都ワシントンにホロコースト記念館を作って、一部子供が見られないように工夫が必要なほど、生々しくホロコーストの事実を印象付けている。

身を以てその武器の破壊力を知ったなら、その武器をまず入手して自衛する。これが世界の常識である。我が身を守るのは、我以外にいない。人様の好意をひたすら待っていたら、先に自分が死んでしまう。こうしたことを日本の武士は知っていた。だから、攘夷を唱えていた薩摩や長州の武士たちは、下関の戦いや薩英戦争での敗北で欧米の圧倒的な軍事力が骨身にしみると、あっさり攘夷を捨てた。

明治政府を打ち立てると、すぐに岩倉使節団という日本のトップリーダーたち・技師たちを足かけ2年間欧米に送って検分させ、その文明の軍事力を―その背景にある社会体制、技術力、経済力の源泉等を含め―日本で真似できないか、できるならその方法について検討した。そして早急にイギリスから帝国海軍に必要な軍艦一式発注し、欧米の軍事会社から武器類を購入し、軍事顧問を何人も招聘し、曲がりなりにも近代陸海軍を創設したのである。

だが、戦後義務教育は物事の判断材料となるように歴史を学ぶことを教えない。つまり、So what?(だからどうした?)を問わない歴史教育は、ただただ過去の過ちを繰り返す人々を量産するばかりである。

永井陽之助はその著「平和の代償」に以下の趣旨のことを書いている。久野収、鶴見俊輔が分析するには、戦前、天皇制について「顕教」(一般的に広まっている教え、思想)と「密教」があった。顕教とは、天皇が現人神であり、天皇のために戦えといった教えで、一般庶民に広められた。その一方、エリート層の中では、天皇機関説という「密教」が信じられていた。それでも、どうしてもエリート層に属するはずの衆議院と軍部だけが、顕教に凝り固まっていた。

戦後はどうかというと、永井はこう分析している。平和主義について「顕教」と「密教」がある。顕教とは絶対戦争してはいけません。という小学校で教える平和思想。密教とは、いわゆる吉田ドクトリン、即ち「憲法第九条を最もいい楯として、米国の再軍備の圧力に抵抗して、経済復興を達成する、という暗黙の了解」但し、これは、プライドはかなぐり捨て、「トランジスタのセールスマン」といわれようが、ひたすら経済重視で突き進む覚悟を要するため、感情的な部分は消化できない。

当コラムは、日本、世界政治の密教を日本人の間で顕教にするためにあるといえる。

<次ページへ続く>

1 2

Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る