日本の外交・安全保障にまつわる、ありがちな誤解・風説たち(後編)

Yoshikawa_eyecatch

4)日本はもっと国際発言力を持つべき

Yoshikawa以下、国際発言力とは世界にいくら叫んでみても聞いてもらえない、という意味に解釈していくが、この手の話はよく聞く。アメリカのいうことを聞くばかりで、国連に世界第二(これから三)の拠出金を払っていながら、未だに安保理に入っていないわ、何かと気に入らないぞ、というところだろうか。

気持ちは分からないでもない。けれど、正直これほど居心地の悪い言葉もない。

まず、国際発言力は手段であって目的じゃない。そこから議論がずれている。発言力をもって何したいのだろう?何をいいたいのか?それが見えない限り不毛な話。

だが、基本的に日本は国際発言力をまず持っている、というところから本当は話さないといけないかもしれない。

本当は、日本はどうするの?とアメリカや中国・EUなどみんな知りたい。経済力があるからそれだけ他の国が興味を持つ。だから、注目するに値するネタがあれば耳を傾ける。例えば、日本の首相が一言、日本もそろそろ核を持とうかな、と呟いてごらんなさい。翌日の世界中の主要紙のトップを飾るはず。

しかし、日本の問題は意見がないこと。日本の未来戦略は?「。。。」日本の外交戦略は?「。。。」日本の成長(経済)戦略は?「。。。」

だから日本の声は聞かれない。

本当に日本に国際発言力がなかったら、誰も鳩山政権が「より対等な日米関係」と言っても相手は知りもしないし、知ろうともしない。拉致問題を日本が叫んでも誰も気にしない。地球温暖化で鳩山首相が何か言っても誰も知らない。

けれど現実はそうではない。日本が拉致問題を言い続けた結果、アメリカはそれが日本にとって大事な問題だ、と認識した。だからこそ、ブッシュ(子)政権時代の対北朝鮮交渉人、クリス・ヒルは交渉時間の半分を拉致問題に費やした。民主党のマニフェストに基地問題が書いてあったから、メディアが再交渉について煽動気味に報道するから、アフガン増派問題で忙しいはずのゲイツ国防長官(当時)が鳩山政権誕生わずか半月程度で日本にすっ飛んできた。鳩山首相の地球温暖化問題に関する発言をEUなどは評価した。

本当のところは、日本に意見があれば世界はちゃんと知ろうとする。だが、よく分からないし面倒だもの、アメリカさん適当に考えといて。どじょう内閣は鳴かず飛ばずでいく。それでは日本の声はない。

Yoshikawa小泉政権時、国連安保理の常任理事国になりたいと言ったが、そうして何を世界に向けて発言したいのか?例えば2011年にパレスチナが、国家承認の申請書を国連事務総長に提出した。日本に、イスラエル側につくのか、パレスチナ側につくのか、はっきりいうことにメリットが果たしてあるのだろうか?イスラエル側につけば、アラブの不興・不信を買うし、パレスチナ側につけば、イスラエル企業やユダヤ人が経営する企業からしっぺ返しが来るかもしれない。

あえて日本から物理的距離以上に心理的に遠く離れた地域の、超センシティブな問題について、意見を持ち、両者の交渉を促す外交努力をするだけの余裕、関心があるだろうか?国連安保理の理事国は、こうしたことを考え、発言し、他国を説得しなければならない。2011年国連総会開幕時の最大の目玉である、アッバス・パレスチナ大統領の演説の後に、野田首相が演説したので欧米メディア記者に聞いてもらえなかったと嘆いている場合ではないのだ。

世界に向かって自らの意見を言うには、世界の問題を考えて案を出すだけの頭脳たる専門家を育て、独自の情報網を持ち、発信すること。これがない以上、望むべくもない。

<了>

1 2

Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る