タイ式のほほん習慣(3)簡単なパスポート。「笑顔」と「感謝」。

タイ式のほほん習慣(1)、(2)に続き、タイで出会ったステキな生活習慣を、もう1つご紹介します。

異文化圏へ出るときの、私なりのパスポート、まだ他にもあります。

それは「笑顔」「感謝」

 

まずは「笑顔」から。

タイは「ほほ笑みの国」と言われていますが、これ、本当です。

世界には、笑顔を見せる習慣がある国と、無い国があり。

笑顔を見せることで甘く見られがちな国もありますが、どんな場所でも、やっぱり笑顔はパスポートだな、と、つくづく思うのです。

 

 

それは、本当に小さな、一瞬の間の出来事。

ふっとした瞬間に、誰かと目が合うことって、どこでもよくあることだと思います。

そのとっさの瞬間に、ニッコリ! ちょっとした小さな笑顔、見せていますか?

 

タイで暮らすようになる前、日本で誰かと目が合っても、ほほ笑み合う人なんて、ほとんどいませんでした。

しかしバンコクにいると、目が合ったその一瞬の間。

私がニッコリする前に、相手にニッコリの先手を取られることの、多いこと!

 

名前も素性も国籍もわからない初対面の人と、目が合って、一瞬ニッコリし合う。

このニッコリし合いっこ、したことありますか?

 

この一瞬で生まれる平和な感じと、周りにも伝染しそうなあたたかい空気感は、何とも言えない気持ち良さですよ。

こんな風にオープンマインドでいると、楽しい仲間もご縁も、人種や年齢・キャラクターを問わず、四方八方からやってくるというものです。

いつもニッコリしている人は、どんな場所でもどんな国でも、キラっと輝く人気者!

ビジネスでも恋愛でも、良い出会いに恵まれたい方は、今この瞬間から、ぜひお試しあれ。

 

 

次は「感謝」

ちょっとしたとき、何かと「すみません」と言う人、特に日本人には多いですよね。

落としたハンカチを拾ってもらって「すみません」、道や席を譲ってもらって「すみません」。

これらは本当は、「ありがとうございます」という場面であるはずです。

「ありがとう」と言う前に、「すみません」と言うことが、習慣になっていませんか?

ちゃんと「ありがとう」を伝えるべき場面で、躊躇せずに言えていますか?

 

 

西洋圏では、「日本人はいつも謝っている」と冗談で言われることもありますよね。

タイ人でも、西洋人でも、なにかと「ありがとう」をよく使います。

わたしが海の外に出ていつも感心してしまうのが、西洋人の「ありがとう」頻度の高さ!

レジを打ってもらって、レジの店員さんに「ありがとう」。

食事を運んでもらって、ウェイターさんに「ありがとう」。

 

「お金を払っているから当然」なんて、そんなことはないと思うのです。

どんなことでも、「してもらったこと」には「ありがとう」を言う価値があります。

タイ式のほほん習慣(1)で書いた、「(自分の意思で)待っている」と感じるか、「待たされている」と感じるか、に通じるものがあります。

どんなに長時間待ったとしても、イミグレーションの人がパスポートをチェックしてくれたことで入国できたのだから、そこには彼/彼女の手伝いがあったわけで、「ありがとう」という価値がある場面だとも、言えると思うのです。

 

あと、ついでにもう1つ。

あいさつ言葉の習慣で「変な使い方だな?」と違和感を感じてしまうのが、「お疲れ様」。

これ、疲れてないときにも、よく使いますよね?

飲み会のあとで「お疲れさまでした」。旅行のあとで「お疲れさまでした」。

「楽しかったですね!」では、ないんですよね。

 

タイ語には、「お疲れ様」という表現がありません。

英語にも「お疲れ様」という表現が無いのは有名なお話ですが、しいて言えば「Good Job!」だと言いますよね。

しかもこれは「Good」という、良い表現を用いた言葉です。

だけどもし、この言葉「Good job!」を、みんなで食事をした後や、旅行の後に使ったら・・・笑われてしまいますよね。

 

日本人ですから、楽しんだ後でも「お疲れ様」と言うのは、ちょっとした謙譲表現であったり、照れもあると思うのです。

でも、それって素直じゃないし、あまり気持ち良くない。

「楽しい時間を過ごせたよ!ありがとう!」

そう言って感謝して、楽しかった時間を締めくくりたいな、と、私なんかは思ってしまいます。

 

 

 

 

これで全3回の、ミニオピニオンコーナー「タイ式のほほん習慣」シリーズは、おしまいです。

日本での日常や、もちろん海外での生活や旅行先でも、その時間を豊かにできそうな発見はありましたか?

 

 

これらのお話が、あなたの心の中の、小さな幸せの種になりますように。

読んでくださったみなさま、どうもありがとうございます!

 

<了>

 

 


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る