教養の記事一覧

「場の空気」とは

Yoshikawa

以前にも、海外にいくと普段意識しない日本の説明をしなければならない状況にしばしば陥るので、日本について勉強しようという話を書いた。とはいえ、日本をそう簡単には説明するのは難しいので、ご参考までに一つ「場の空気」、KYの説明を以下に試みる。   「和を以て尊しとなす」 日本を研究しているアメリカ人に「日本では誰…

続きを読む

アメリカ大学院留学で心掛けること:行く前に~留学地到着まで編

Yoshikawa

そろそろアメリカの大学院の学期が始まる頃。そこで、今回と次回と2回に分けて留学前の準備から入学後の行動についてまとめた。留学を中心に書いているものの、入学後の現地での行動については、留学を考えていない人でも、アメリカに赴任する人にも参考となる部分があると思うので、読み進められることをオススメする。 1)目的 そもそも、…

続きを読む

中国のハワイ「海南島」で教える日本語教師

ozaki_eyecatch

みなさん、こんにちは。尾崎みつ子と申します。2008年12月から2年間、JICA青年海外協力隊、日本語教師として中国の海南島にある海南大学で活動していました。 青年海外協力隊というと熱いハートを持ち、途上国のために働き、現地の人と共に井戸を掘るなどして、共に汗を流すというイメージを持っている人も多いかもしれません。そう…

続きを読む

外国人に好感を持たれる話し方

Yoshikawa_eyecatch

海外にいって日本のことを説明しないといけないとき、「何て言ったらいいのか分からない」、「違うといいたい、言い返したいのにいい言葉が思いつかない」といった経験はないだろうか?日本人には当たり前すぎて、存在理由なんて考えたこともないことを、ひょいと聞かれても、言葉に詰まってしまう。   私にもそんな経験はたくさん…

続きを読む

「地球の反対側」アルゼンチンより

Aikawa_eyeatch

日本とは地球の反対側にある国、ここアルゼンチン。私がこのアルゼンチンにきてから、20年が経ちました。 ラテンアメリカというこの地で、「自分の力で生きる」ということを学びました。 日本人、アルゼンチン人という国籍ではなく、ひとりの人間としての人々との交流、を通して、日本人という属性はあるけれども、自分が自分であるべき姿で…

続きを読む

欲の自制

Yoshikawa_eyecatch

■「生かさず殺さず」という知恵 これまで分割統治、情報操作など、日本の学校ではなかなか教えないが、世界を見る上で必要な知識を紹介してきた。 そして、読者の多くは「何てひどい」という感想を持たれたかと思う。そこでなぜかくもひどいと思われるようなことをするのか?とつきつめていくと、欲の自制の強弱に行きつく。即ち「どれほど己…

続きを読む

自己主張、PRは大切

Yoshikawa

■昔は日本人も自己主張、PRは出来ていた 何かにつけ聞く言葉「ものづくり」。バブル期後自信喪失した日本企業の多くが、「財テクなどといった性に合わないもので儲けようと思ったのが間違い、本業の製造に戻ろう」というコンセプトで生まれた言葉だ。コンセプト自体悪くはなかったが、行き過ぎて今や高度技術への引きこもりと化しているので…

続きを読む

開国ジャパンプロジェクトに向けて

unno_profile_eyecatch

日本は政治も駄目で、経済はと言えば、1993年から、沈黙したままだ。このまま沈黙していたら、中国からもロシアからも攻められ、北方領土だけでなく、今年は尖閣諸島も取られてしまう。 自衛隊が15万人もいて、一体何をしているのだろうか。南鳥島もレアアースが採れるが誰も関心を示さない。日本の国土は海洋を入れれば、中国の半分ある…

続きを読む

誰がためにルールはある

2000

大震災の後、多くの日本人が冷静に行動したと海外から評価されて、日本人的には「当たり前のことをしただけなのになぜ?ルールは守るのが当たり前です」と感じてしまう。 残念ながらそう思える人は海外だと少数派。基本的な発想としては、「ルールは自分が損しない限り極力守らない。できるだけ出し抜くためにあるものだから」と考えられる。 …

続きを読む

人種差別と人権

yoshikawa_eyecatch

人種差別は存在する 2008年アメリカで、初の黒人大統領が選出された。同じ黒人であるライス国務長官やパウエル元国務長官も共和党ながら、共に喜びを伝えていた。それほどまでに、黒人が乗り越えた壁は大きい。 奴隷から始まり、1960年代のマーチン・ルター・キング牧師などの運動を経て、選挙権を得、ようやく大統領を選出するまでに…

続きを読む

スキルから始まるグローバル力

SONY DSC

現在参加しているアキュメンファンドのグローバルフェロープログラムは、貧困削減・開発分野での次世代リーダー育成を目指すプログラムです。 毎年世界中から10人が選ばれて、2か月間ニューヨークで研修を受けた後、10か月間アキュメンファンドが投資しているインドやケニアのソーシャル・ベンチャーの中に入って経営を支援します。現在8…

続きを読む

宗教を知ろう

Yoshikawa_eyecatch

宗教=信心+道徳 生まれたときにはお宮参り(神道)をし、教会(キリスト教)で結婚式を挙げ、お盆(仏教)もクリスマス(キリスト教)も祝い、お葬式は仏教式でする日本ではあまり宗教を意識することはないが、世界の多くの地域ではかなり意識している。事実宗教、宗派の違いが紛争や国際的緊張を生み出している場合が多い。 例えば、エルサ…

続きを読む

世界を見たい!恩師から伝えられた世界観

soma_eyecatch

 ■世界への入口だった高校生活 中学までの私は全く世の中を知らず、極端に言うと戦争はもう世界にないと思っていました。(湾岸戦争で終了だと思っていました) 国際高校で出会った恩師が行う「国際関係」という授業で、はじめて世界という視野を持ち、濁った水しか飲めない人たちの存在、日本が高度成長を遂げた背景にある朝鮮戦争という出…

続きを読む

世界地図を見てみよう:分割統治の怖さが見える

Yoshikawa

世界地図を広げてみてほしい。(白地図でOK)そこには、自然が生み出した地形のほかに、人の営みの結果生まれた線、国境がたくさん引かれている。 国境というのは、自然が作り出した部分(海、川、山、沼地、森林、砂漠等)と、人間が人工的に引いたものと、二種類ある。人間が引いた国境を見てみると、アメリカとカナダの国境のように五大湖…

続きを読む

騙されないための仮説・検証サイクル

Yoshikawa_head_eyecatch

■ロスチャイルド伝説 時は1815年。エルバ島から脱出したナポレオンが再起をかけてイギリス・プロイセン軍とワーテルローで戦った。この戦争に熱い視線を向けていたのは、ロンドンのイギリス国債市場。これでイギリスが負ければその存亡は危うく、イギリス国債も紙切れ同然になるかどうかの瀬戸際だ。 そんな時にイギリスのロスチャイルド…

続きを読む

バランス感覚をもって世界情勢と歴史を見てみよう

Yoshikawa_eyecatch

「AさんはBさんを殴った」 この文章を読んで、どう思われるだろうか?Aさんが悪い?確かに一見そうみえる。が、世界情勢を見る場合、そう決め付けるのは、案外難しい。 考えてほしいのは 1. この情報源はどこか? 2. Aさんはなぜ殴ったか? なぜなら、これらの疑問の答え次第では、Aさんが悪いと決め付けてはいけないからだ。も…

続きを読む

日本の力は中古車だけじゃない!

yamawaki_eyecatch

■日本人としてのアイデンティティ。私は日本代表! 海外育ちで日本語もいまひとつな私ですが、これだけはしっかりしておきたいというのが「日本人」としての自覚です。どんなに言葉ができても、どんなに海外の知識があったとしても、やはり一番根っことして大事なのは自分のアイデンティティ。 それを守ることによって、海外での自分の活躍場…

続きを読む

裸で生活?うんちの家で暮らす?アフリカの真実

yamawaki_eyecatch

SAWUBONA!!(サウボーナ!ズールー族の言葉でこんにちは!) 私はアフリカ専門のテレビ番組のコーディネーターというお仕事をしています。 一般的にあまり知られていない職業だと思いますが、NHKのドキュメンタリー番組や、「世界の果てまでイッテQ !」、「世界ウルルン滞在記」、「あいのり」や「どうぶつ奇想天外!」、そし…

続きを読む

世界に目を向けるとき、必要なのは、バランス感覚

yoshikawa1_eyecatch

グローバル人材に必要な素質や知識とは何かと言われれば、まず挙げたいのは、「バランス感覚」と答えることにしている。外国に行って、そこの外国の歴史や習慣などを知らなくても、仕方がないと思われる部分はある。(もちろん知っていることに越したことはないが)けれど、それらを尊重する姿勢があるのとないのとでは、その国に関する理解や受…

続きを読む

日本発女性モデル、アジア経由世界行き

Akiko

現在、タイのバンコクを拠点に、海外(主にアジア)でモデルの仕事をしています。きっかけは、東京に五万といるモデルの中で「他の子に何か差をつけたい!!」という想いから、海外でモデルの仕事をするようになったことで、現在はタイで活動しています。 一番最初の挑戦は、2005年中国の上海でした。 中国語能力は全くゼロの状態で上海に…

続きを読む

開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る