経験・体験の記事一覧

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.52~セカンドハウスにお引越し~

なんとかKCCの練習に参加できるようになったのね。 相変わらず時間通りに来ないジョンを待って、宿代を払ってもらって練習に行くってパターンね。 そして練習とは言え、ビックリするくらいのフィジカルトレーニングばっか。 アフリカ人、元々フィジカル強えのに更にいっちゃうワケよ。 フィジカルばっかりだからなかなかアピールできない…

続きを読む

剣の道はギリシャに通ず

写真 (69)

こんにちは! 私、新井良と申します。 現在、ギリシャのアテネ市内にある錬磨道場で、剣道指導をしています。 今回、開国ジャパンプロジェクトの開国アンパサダーに就任いたしましたので、こちらで感じたことなど、皆さんが海外に出たくなるような情報を発信していければと思っています。 最初の記事ということで、まずは剣道一色の生活を送…

続きを読む

なぜBOKATOR GYMではなくてBOKATOR ACADEMYか?

P1040337

今日は僕が留学している格闘技道場BOKATOR ACADEMYでのちょっといい話をご紹介します。 BOKATOR GYMではなく、ACADEMYなのはマスター言わく、『ここに来た以上は誰にでも、BOKATORの教えを惜しみなく伝え、一定のレベルまで強くさせる。 なぜならみんなに同じことを教え、一定のレベルまで強くさせる…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.51~初めましてKCC~

ジョン(ポールじゃなかった)のゲストハウス代の支払い待ちの為に、引きこもること数日間。 ようやくボクはK.C.Cのサテライトの練習に参加出来ることになったんだ。 お金を払いにきたジョンが言うわけよ。 「明日、K.C.Cのサブチームの練習があるから行くぞ。2時に迎えに来るから待ってろ。」 こんな嬉しい知らせが届くとはね。…

続きを読む

波乱万丈アメリカ留学体験記④ゆるくスタートした大学生活

前回のあらすじ:アウトドア冒険クラブに入隊し、初の洞穴探検とロッククライミングを体験しました。縦穴の洞穴探検など目からうろこの体験が続きますが、メンバーと訪れたキャンプで私の気持ちをゆるがす出来事がおきました。そして、大学生活は続いていきます。前回の記事はこちら>>>☆☆☆  ●授業は最初から無理しな…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.50~ホテルでの瞑想生活~

K.C.Cのマネージャーに「契約しないか?」なんて言われたものの、所詮口約束の領域。 しかもボクは50%くらいしかそのマネージャーを信用してなかったし。 だってね、「名前は?」って聞いたら「マネージャー」って言うんだもん。 初めて聞いたよ。 そんな高貴な名前。 そんな状態なのに、なんで50%も信じたかって言うと、当時ボ…

続きを読む

カンボジア格闘技留学はじめます 〜続〜

今日はカンボジアで将来空手を教えながら生活したいなと思いながら、(前回の記事に書かせてもらっていますので読んでもらえると嬉しく思います)それを少し違った形になりながらも実際に行動に移そうと思ったまでについて書こうと思います。 その後カンボジアから帰国した2ヶ月後に就職をして、なんだかんだで仕事をこなして、でもどっかで自…

続きを読む

波乱万丈アメリカ留学体験記③アウトドア冒険クラブ入隊!?続編

前回のあらすじ:大学が始まり、はりきってアウトドア冒険クラブに入隊しメンバーと顔合わせをし、週末には人生初めての洞穴探検に参加。なんとか洞穴から抜け出た私を待っていたのは、本物の岩での本格的ロッククライミングでした。前回の記事はこちら>>>☆☆☆  ●ロッククライミングにもいきなり挑戦 やっとのことで…

続きを読む

就活ではなく“将来”のための海外留学②

Party

こんにちは。美女を撮影しながら旅をしている赤津慧(@frog_kei)と申します。 前回、海外経験が将来に活きる理由として「自己認識が深まる」ことについて書かせて頂きました。 今回は将来に活きる理由2つ目の「“違う”に慣れる」について書いて行きます。   海外経験が将来に活きる理由② “違う”に慣れる &nb…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.48~オリヴィアの降臨~

空港から恐怖を克服してなんとか首都のカンパラに辿り着いたボク。 降ろされた場所がどこかなんて分かるわけないじゃん。 だって、「カンパラに着いたぞ」って言われて降りただけだもん。 広いよ。 指定の範囲広いすぎだよ。 ”俺んち、神奈川だから遊びにきて”なんて言われて、その”俺んち”になんか着かないでしょ。 降ろされた指定の…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.47~空港からの脱出~

長い長~い空の旅も終わってようやくウガンダ上陸。 もう帰れない。下手すりゃホントに帰れない。 ボクが掲げた目標は大きく3つ。 ・ウガンダリーガーになって1シーズン戦い抜く ・世界1大きいと言われてるビクトリア湖に行く ・クリスマスに黒人と一緒に踊り狂う   驚いたねぇ。 空港について飛行機から降りたら、空港の…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.46~飛行機内でのせめぎ合い~

ウガンダ行きの客の民族具合を見て、飛行機搭乗前に心が折れそうになったボクだけど、もう戻れないから深く深呼吸をして飛行機に乗ったのよ。 戦いはすでに始まっていた。 機内に乗り込み、自分の席に座ろうとすると、その席にはアフリカ人が。 「ここは俺の席だよね。」に対し奴は「ここは俺の席だ。」 どうやらかなりの自己暗示をかけたら…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.45~アジアを飛び出しアフリカへ~

バングラデシュから帰国する時、ウガンダに行くとは言ったものの、正直言わなきゃ良かったって常に思ってたよね。 ボクはどこの国でも、周りの人間に行くって宣言するの。 そうやって周りから自分を追い込んで、自分の中で行かなきゃいけない雰囲気作っちゃうワケ。 当時、ボクが持っていたウガンダ情報。 (バングラデシュで同じチームだっ…

続きを読む

海外との体当たりビジネス、はじめの一歩@MILANO —イタリアバカンス明けにはご注意を!—

Torattoria del Pescatore-1

8月いっぱいバカンスを過ごしたイタリア人。 海や山で太陽を沢山浴びてリフレッシュ。 皆、人種が変わるほど日焼けして、仕事始めでもまずはバカンスの話題から始まります。 やれ、どこへ行った、何をした、何を食べた、飲んだ・・・・・話は尽きません。聞いているのも楽しく地図旅行する私! この休み明けの時期、多くの会社が棚卸から始…

続きを読む

サラリーマン留学記-社費で留学する意味(2)

Exif_JPEG_PICTURE

前回コラム(1)はこちらから 1.留学を志したきっかけ -衝撃的だったNY研修 留学中の話に移る前に、いったん遡って、なぜ自分が留学をすることになったのかについて話したいと思います。 「海外留学」には昔から何となく憧れていました。大学生の頃、留学予備校に顔を出したり、留学ノウハウ本みたいのを読んだこともありました。でも…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.44~サヨナラバングラ、年収5万円のプロサッカー選手~

Businessman Wearing Cape

リーグも終わって、送別会もしてもらって、ボクに残された行動はただ一つ。 給料の受取。 帰国3日前にマネージャーに話をしに行ったのね。 もう帰るから給料をくれって。 払わないんだったらサッカー協会に言うぞって。 一見、この小学生みたいな”先生に言うぞ”的な脅し。 ココ、バングラデシュに関しては有効なのよ。 お偉いさんに逆…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.43~最終戦と初体験~

Foot Volleying Soccer Ball

さて。 バングラ話も佳境に入ってきました。 給料未払い、チームメイトからの虐め。 そんな状況の中、チームの勝ち点は最終戦を前に2のみ。 2ですよ、2。 ようするに2回引き分けただけなの。 それでも、気分は晴れやかに試合に臨めたよね。 だって、もう終わるから。 その頃のボクは粗くれてたから、結果よりも最後までここまで戦っ…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.42~ボイコットと健全な選手の終了~

Soccer Field in Stadium

ビザがややこしくなってきたこの時期。 ある日、ボイコット中の身のボクは三田さんと一緒にバングラデシュリーグを見に行ったのね。 「嗚呼、あそこでプレーしてたんだなぁ」なんて感じで見てたのね。 その時、三田さんが言うのよ。 「もう、ボイコット止めて試合に出たら?表舞台に立たなきゃダメだよ。」って。 お世話になってる三田さん…

続きを読む

海外との体当たりビジネス、はじめの一歩@MILANO

開国写真_2

「海外とのビジネス」なんて、JETROか経産省の輸出セミナーのお題のようですが、要するに海の向っかわと商をするということ。○×商事、△□物産などという大きな看板もしょってない、現地語が堪能というわけでもない・・・・、こんな状態からのスタートで身をもって知ったのはコミュニケーション能力の必要性。とはいっても、難しいプレゼ…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.41~もう一つの戦い、一人ストライキ~

Martial Artist Kicking

勢いも手伝って始めちゃったストライキ。 ってゆーか1人で勝手にボイコット。 でも、ボクがボイコットをしようと、当たり前のように練習と試合は進んでゆくよね。 でさ、ただ進んでいくならまだましよ。 あのバングラデシュって国ぁ、この時のボクのように立場が下のもんが上に逆らうってのをものすごく嫌うのね。 だからボクみたいにマネ…

続きを読む

開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る