グローバル人材の記事一覧

カンボジアでは乾杯が永遠に続く

 カンボジアでは『乾杯』のことを 『ジョルケアムオイ』と言います。 僕はこの言葉を必死に『ジョルケアモイ?』→『No〜』、『ジョルケアムイ?』08→『No〜』みたいなやり取りを繰り返ながら、 (カンボジアでは同じ”ウー”でも口をとがらせた”ウー”、口を横に開いた̶…

続きを読む

サッカー界もビジネス界も「海外組」が日本を変える

20121107-00022356-roupeiro-004-5-view

昨今、ベッカムのパリサンジェルマン移籍やスナイデルのガラタサライ移籍など、欧州サッカー選手の移籍市場がホットな話題となっているが、この冬のマーケットでは、またも多くの日本人選手が欧州移籍を果たした。 昨年のロンドン五輪で44年ぶりのベスト4進出を果たしたオリンピック代表チームの快速FW・永井謙佑(名古屋グランパス)や、…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.52~セカンドハウスにお引越し~

なんとかKCCの練習に参加できるようになったのね。 相変わらず時間通りに来ないジョンを待って、宿代を払ってもらって練習に行くってパターンね。 そして練習とは言え、ビックリするくらいのフィジカルトレーニングばっか。 アフリカ人、元々フィジカル強えのに更にいっちゃうワケよ。 フィジカルばっかりだからなかなかアピールできない…

続きを読む

MTV EXIT ~ミャンマーで開催された歴史的ライヴ~

12月16日。2012年が終わろうかというときにミャンマーの経済首都ヤンゴンにて外国人アーティストを招いての史上初のライヴが開催された。 MTV EXIT -End exploitation and trafficking- というサブタイルのついたライヴは音楽の力で人々を集め、人身売買の現状を多くの人に理解させ、やめ…

続きを読む

明日から使えるサッカー英語(11)~representativeという単語に見る豪州サッカーの起源~

デル・ピエロ選手や小野伸二選手の移籍でにわかに注目を浴びているオーストラリアサッカー界。 最近は、第二のサッカーキャリアを求めて、多くの日本人選手がオーストラリアサッカーに挑戦するようになってきました。 今回はそんなオーストラリアサッカーの背景とそれを象徴するサッカー英語を紹介します。 詳しいオーストラリアサッカーの仕…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.51~初めましてKCC~

ジョン(ポールじゃなかった)のゲストハウス代の支払い待ちの為に、引きこもること数日間。 ようやくボクはK.C.Cのサテライトの練習に参加出来ることになったんだ。 お金を払いにきたジョンが言うわけよ。 「明日、K.C.Cのサブチームの練習があるから行くぞ。2時に迎えに来るから待ってろ。」 こんな嬉しい知らせが届くとはね。…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.50~ホテルでの瞑想生活~

K.C.Cのマネージャーに「契約しないか?」なんて言われたものの、所詮口約束の領域。 しかもボクは50%くらいしかそのマネージャーを信用してなかったし。 だってね、「名前は?」って聞いたら「マネージャー」って言うんだもん。 初めて聞いたよ。 そんな高貴な名前。 そんな状態なのに、なんで50%も信じたかって言うと、当時ボ…

続きを読む

「日本人は英語が苦手だ」という嘘について

勉強中

明けましておめでとうございます!!! 突然ですが、皆さんの中で 「今年こそ英語を勉強するぞ!」 と意気込んでいる方、いませんか? かくいう自分がそうなのですが(笑)、今回はグローバル化の中で誰もが必須だと口にする英語についてお話をしたいと思います。 今回はちょっと過激なタイトルから始めてみましたが、確かに英語に得意意識…

続きを読む

ソーシャルネットワーク時代の信頼関係構築方法

photo (1)

こんにちは。開国アンバサダーの森岡です。開国してますか?   ソーシャル時代の信頼関係構築方法に関して今回はご紹介したいと思います。   今回は方法論なのでハマる人もそうでない人もいるとおもいますが、やって見る価値は絶対にあります。   Email、Facebook、Twitter、LIN…

続きを読む

グローバル化によって生まれたノマド礼賛

チェンナイ近辺の海辺

こんにちは、開国アンバサダーの野村です。   今回のコラムでは、グローバル化が進むと若手の雇用や会社組織がどう変わるか、ということと、最近はやりのノマドとの関係について、私のおもうところを書きます。  ※写真は、かつてイギリス東インド会社が要塞を築いた、インド・チェンナイの海岸。時をへだてて、イギリスから独立…

続きを読む

戦略とロードマップの実行 -6- グローバル人事に必要なトレーニングには何があるのか

(1)グローバル人材育成 日本企業が「グローバル人材育成が課題」と言った場合、その多くは、日本人社員のグローバル対応力強化という文脈で使われる。そこで、ここでは、日本人社員のグローバル対応力強化に関して述べたい。 「グローバル人材育成が課題」と言っている人材育成担当者がいる場合に、筆者はいつも、御社が育てたい「グローバ…

続きを読む

戦略とロードマップの実行 -5- グローバルコミュニケーション&コラボレーションの方法

(1) シンパシーとエンパシー シンパシーは、辞書で調べると、「同情、思いやり、あわれみ」(研究社新英和中辞典)、「the feeling of being sorry for somebody、showing that you understand and care about somebody”s problems…

続きを読む

戦略とロードマップの実行 -4- グローバル人事におけるITの導入・活用方法

(1)まずITありきではない グローバル人材マネジメントを考えるフレームワークに、ITという項目が入ってくるのには、多少の違和感がある。ITはツールであって、戦略ではない。 しかし、ITを知ることで採りうる戦略オプションが増えるということは認識しておきたい。例えば、世界中の社員から、ある特定のプロジェクトにアサインでき…

続きを読む

戦略とロードマップの実行 -3- グローバルに通用する業務プロセスへの変革方法

(1)世界共通のロールとジョブを整理する グローバルに通用する業務プロセスを設計する際に、まずは世界共通のロールとジョブを定義することから始める。ところが、職能資格制度が主流の日本企業では、ロールやジョブという考え方がない場合が多い。 しかし、グローバル人材マネジメントを実現するためには、世界中にどのような役割の人材が…

続きを読む

戦略とロードマップの実行 -2- グローバル組織体制の構築はどうやればいいのか

(1)既存組織図ではなくバリューチェーンの機能軸で整理する 日本企業がグローバル組織人事を考える際に、本社である日本の組織図をそのまま海外にも適用しようとするのだが、多くの場合、そのまま適用することができない。 それは、日本の企業組織は長い歴史の中で部門間の協力関係が強くあったり、そこにいる人物の実力に応じて組織の垣根…

続きを読む

戦略とロードマップの実行 -1- グローバル人事戦略とは何を考えればいいのか

(1)「グローバル人事」とは何か? 第一に明らかにしたいことは、自社にとっての「グローバル人事」とは何を意味するのかという点である。例えば、大手製造業で複数の事業を持っているある会社は、家電などの地域性のある事業は「インターナショナル」を志向。 つまり、各地域において迅速な意思決定を自律的にできる世界企業を目指す。そし…

続きを読む

パキスタンからグローバル人材を考える(3)

これまでの2回のコラムではグローバル人材になるためにうわべの語学力よりも 母国語でもいいので、語るべき内容を自分の中に持ちましょうというお話でした。 今回は視点を変えて「生き残る」ことがグローバルに活躍する もう一つの条件ですよ、というお話をしたいと思います。   世界で活躍するために尾崎が一番大切だと感じる…

続きを読む

グローバル人材マネジメントの戦略とロードマップづくり

1.6つの軸で人材マネジメントを改革 前回までの寄稿で、時代背景はわかった。それではどうやってこれらに対処していったらいいのだろうか。各社は試行錯誤を繰り返している。何から手をつけていいのかわからないというグローバル人事担当者も多いだろう。そこで筆者は、次の7つのフレームワークでグローバル人材マネジメントの戦略とロード…

続きを読む

パキスタンからグローバル人材を考える(2)

マーケットでカレーを料理しているおっちゃん。一説によるとこういうのが非常に美味だとか。

前回はうわべの語学力よりも伝えたい中身が重要ですというお話でした。 今回はその伝えたい中身をどのように磨くかを考えてみたいと思います。 方法論は多数あるでしょうが、尾崎が重要だと思うポイントをご紹介します。   話す中身を磨くために何が重要か。 尾崎は三つの要素を挙げたいと思います。   一つ目は、…

続きを読む

日本企業のグローバル化のボトルネックは人材マネジメントにあり

1.もはや「日本人・男性・正社員」マネジメントには限界 筆者は、1ヶ月に1回以上のペースで新興国を中心とした日本企業の現地拠点に訪問する。その際にお会いする方は圧倒的に「日本人・男性・正社員」であることが多い。また、ここ最近はグローバル人材マネジメントをテーマにした勉強会やセミナーを開くことも多くなってきた。そこに集ま…

続きを読む

開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る