【対談】「日本サッカー界に必要なグローバル力とは」(中編)

サッカー日本代表の海外遠征の取材や、東欧や東南アジア、米国といったサッカー文化発展途上国でプレーする日本人選手を取材するため、世界をまたにかけて活動する写真家・ノンフィクションライターの宇都宮徹壱氏。外資系コンサルティング会社出身で、2010年南アフリカW杯に出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」を遂行し、ビジネス×サッカーという独自の視点から日本人を論じ、日本のグローバル化を志すヨモケン氏。「開国ジャパンプロジェクト」のオープニング企画としてのスペシャル対談。日本のグローバル化、開国化について、サッカーの観点から語り合います。

 

(ヨモケン)
海外に取材に出掛けて気づくこと、成長することってどんなことありますか?

 

(宇都宮)
海外にいると、というよりも、日本へ帰ってくると、「やっぱり日本っていいな」って思うようになりますね。安全だし、言葉は通じるし。日本の良くないところって、もちろんたくさあるわけだけど、海外に出てみると、日本の良さを改めて考え直すことができますね。海外に出てはじめて比較対象ができるということなんだと思います。

 

(ヨモケン)
先日の震災復興チャリティマッチでも、多くの選手が海外から駆けつけて出場していましたが、そういった「海外組」とJリーグで活躍しているような「国内組」で違いって感じますか?

 

(宇都宮)
それぞれの選手によって状況も違いますから、一概には言えないんですが、やはりザッケローニ監督の体制になって以降、いわゆるスタメンの「海外組」と控えの「国内組」では、プレーのクオリティ、ポテンシャルに違いが出てきているって思いますね。

ジーコの時代にも「海外組優遇」というのはありましたが、今だと、やっぱり欧州でスタメン取って、自信をもってやっている選手たちと、国内のJリーグでがんばっている選手を比べると差はすごく歴然としているように映りますね。岡崎だって、まだシュツットガルトに移籍して少ししか経っていないのに、見違えるほど上手くなっていますよね。まだまだ成長するの? って驚かされます。長友にせよ、内田にせよ、そう思います。中国リーグへ移籍した巻だって、試合で使われ続ければ、まだまだけるかもしれない。海外に行って、いままで本人も気がつかなかったようなポテンシャルがどんどん引き出されているなっていうのは、「海外組」から感じられますよね。

 

(ヨモケン)
なるほど。ただ、一言で海外組と言っても、過去に海外へ渡った選手たちも含めて、全ての選手たちが成功しているわけではないですよね。海外で成功するため秘訣、「グローバル力」ってどんなものが考えられるでしょうか?

 

(宇都宮)
この間、デンソーカップという大会が大阪で開催されて、そこに大学生のトップクラスの選手たちが集まったのですが、そこで選手たちに講義をする機会があったんです。未来の長友たちに講義するんですから、責任重大だったわけですが(笑)。

彼らが一番興味を持っていたのは「長友がなぜ成功したのか」です。僕なりに長友がなぜ成功したのかをパワーポイントでまとめて学生に説明したんです。

第一には、「順応性」が挙げられます。言葉とか習慣とか食べ物に関しても、積極的に前向きに取り入れて消化していく。

次に、「コミュニケーション能力」。いかにオープンマインドになって、相手の懐に飛び込んでいくか。長友はすごくそこの部分が長けていたように思えます。

あとは、「飽くなき上昇志向」。彼は「世界一のサイドバックになる」と言い切っているんです。そういうメンタリティというのは、ちょっと前の日本人には、なかなかなかったことだと思います。彼は明治大学でレギュラーを取って、FC東京に入団し、日本代表に呼ばれるという、ものすごいステップアップの中で、「まだまだいける、まだまだいける」という向上心を常に更新していたんだと思うんですよね。そこが武器になっていたと思います。

それ以外にも「分かりやすいストロングポイント」、メンタル・フィジカル面でのケア」も挙げられると思います。そういった要素がうまく絡まった人に、さらに「チャンス」や「運」が上手い具合にはまれば、今後も長友みたいなケースはたくさん出てくると思いますよ。

 

(宇都宮)
ともあれ、このところ長友や内田が多いにサッカーファンの話題を集めていますが、でも「海外組」って、決して代表クラスの選手だけじゃないと思うんですよね。去年、タイに取材に行きましたが、タイのトップリーグでも10人くらいの日本人選手がプレーしています。また、ルーマニアのトップリーグに瀬戸貴幸という選手がいるんですが、彼は現地の3部リーグのチームに入団し、2部昇格、1部昇格とステップアップの原動力となり、現在ではゲームキャプテンをやっています。日本人でも現地でキャプテンをやっているって、なかなかすごいことですよ。

 

(ヨモケン)
そういえば、なぜか知らないんですが、瀬戸選手が僕のツイッターをフォローしてきたんですよね。それで彼のことを知ったんですが、彼って、もともとブラジルでプレーしていて、その後ルーマニアに移籍する前に、「アピタ港店」に所属していたって書いてあったんです。「アピタ」ってショッピングセンターですよ。そこでバイトしていたんですかね? ブラジル、アピタ経由、ルーマニア行き(笑)

 

(宇都宮)
知られざる海外組は、瀬戸だけではありません。アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)のコロラド・ラピッズというクラブには木村光佑という選手がいるんですが、彼はMLS唯一の日本人プレーヤーなんです。元々は川崎フロンターレのユースにいたのですが、ケガなどもあってトップに上がれなかった。それでは、ということで日本国内の大学サッカーチームをいくつか見に行ったそうなのですが、「みんな死ぬ気でやってるような感じがしなかった」そうなんです。「だったら、アメリカの大学でサッカーをやって、そこからプロを目指そう」と彼は思い立った。彼は自分のプレー映像を集めたDVDをかたっぱしから大学に送りつけて、そこで何チームからか声がかかったそうです。

そこで彼はウエスト・イリノイ大学に行くことを決めるのですが、その大学に入るためには英語力が足りなかった。そのため、入学までの半年間をかけて死ぬほど英語を勉強して、1年かけて卒業する語学学校を半年で卒業したそうです。日本の大学であれば、サッカーだけやっていればいい、野球だけやっていればいい、というように、入学や進級に際してのハードルが低い学校が多いのですが、アメリカの大学ではそうではない。ある程度の学業の成績がないとプレーもさせてもらえないんです。

そのウエスト・イリノイ大学もサッカーのレベルは低かったのですが、木村選手の貢献もあり、全国大会に出場できるまでになったそうです。そこでラピッズのスカウトの目に留まったと。結局、MLSのドラフト30番台で指名されました。今年はプロ4年目の26歳ですが、去年はMLSカップで優勝を果たしました。そもそもMLSでプレーした日本人は彼が初ですし、アジア人としても、アジジ(イラン)、ホン・ミョンボ(韓国)に続く3人目。それが日本ではまったく無名でプロ経験もなかった木村光佑だったんですよ。

つまり何が言いたいかというと、日本でプロになれなくても、海外ではプロになれる可能性がある、ということなんですよ。サッカー選手にとって、そういう発想ができるかどうかというのが、今後ものすごく重要だと思います。サッカーという職業の強みとは何か。サッカー選手は、スパイクひとつあれば、世界中どこでも仕事ができる職業なんです。こういう職業って、他にあまりないと思うんです。だってサッカーって世界中でやっているわけですから。ただ残念ながら、今の若い選手などを見ていても、日本以外でプレーするっていうイメージができない選手って、まだまだ多いように感じますね。

先日、タイリーグでプレーしている財前宣之選手(元U-17日本代表)にも話を聞きましたが、彼は「日本ではクビになったけど、まだ現役としてフィールドでプレーしている姿を、日本の若い選手にも示したい」と言っていました。

 

(ヨモケン)
僕もタイでプレーしていた選手と語り合ったことがあったんですが、彼は「日本代表クラスの選手が欧州などに移籍するのを除けば、ほとんどの日本から海外への移籍はステップアップにならず、片道切符なんだよね」と言うんです。Jリーグよりレベルの劣る現地リーグで活躍しても、日本代表に呼ばれるわけでもなく、日本に帰国してJリーグでプレーできるわけでもない、と。海外移籍って、長友のとんとん拍子のステップアップみたいな「ジャパニーズ・ドリーム」を見がちなんですけど、実際にはそういう事例がほとんどないように思うんですよね。その流れが今後もっと変わっていって海外発の日本代表選手が生まれてもいいなぁと思うんですけどね。

(宇都宮)
もちろん、そういう形で代表に選ばれるというのも1つのドリームだとは思います。プロサッカー選手としては、日本代表に呼ばれることが、ひとつの夢であり目標であるのは間違いないでしょう。ただ、例えそうならなかったとしても、「プロサッカー選手をやっていて良かった」と思えることっていくらでもあると思うんです。まずはサッカー選手として「プレーし続ける」ことが大事じゃないかと。

例えば、ある選手が海外でキャリアを終えたとしても、そこで彼は現地の言葉をマスターし、現地に強いコネクションを得ているわけですよ。日本では得られなかった人脈や名声も、場合によっては得られるはずです。それによって、引退後の新しいセカンドキャリアというのが見えてきます。ただ単にコーチや解説者ではない、グローバルな視点を持った元サッカー選手という人が増えてくれば、日本代表ではない、何かしら別の形でフィードバックされてくるはずなんです。現在はそれが見えにくい状態ですが、あと5年くらいするとフィードバックが始まると思いますよ。

 

(ヨモケン)
そういう視点は面白いですね。それは日本サッカー界全体として、まだまだ世界を見渡せばネットワークの足りないところがあるでしょうからね。中国でいう「華僑」ってあるじゃないですか。昔、海外へ飛び出していった中国人の祖先たちが行った先々の現地コミュニティに溶け込み、そこでのネットワークを作り、いまではグローバルレベルでの中華情報網が成立している。それが、中国本土へフィードバックされている。それを連想しますよね。それって、ビジネスや政治の話で生かされているんですが、サッカーの世界でも同じことが言えますよね。サッカーの世界での「和僑」をどんどん作っていこう、と。そういう世界中のネットワークが構築されれば、日本代表の親善試合のマッチメイキングしかり、Jリーグクラブのスカウティングしかりに生かされますよね。

 

 

(宇都宮)
サッカー界って意外に狭いところがあるじゃないですか、あいつとあいつはU-17で一緒だったとか、同じチームでプレーしていたとか。結構そういう繋がりで物事が決まったりするんですよね。そういうネットワーク作りが世界レベルで拡がっていくことは大事なことだと思います。

今「和僑」という話が出ましたけど、世界中でプレーする日本人選手は、まさにこのグローバル化する世界において、日本人がどう生きて行くべきかというヒントを与える存在になり得ると思っています。いままでの日本は、ビジネスにしろ、文化にしろ、海外から受け入れる側だったわけですが、平成生まれの若いビジネスマンは、いきなりインドの第一線に行ってこい、みたいな感じになると思うんですよね。これからは海外に行って働くのは当たり前、もっと言えば出稼ぎにいくような時代になるかもしれない。そうなったときに、「スパイク1つで世界中どこでも働きまっせ」という彼らの生きかたから学べる点は少なくないと思うんです。順応する力であったり、あるいはポジティブにチャレンジしていく姿勢だったり。

 

<後編に続く

<前編を読む>


Facebookページに参加しませんか!

『開国ジャパン』は海外経験豊富な開国アンバサダーによる情報発信メディアです。
海外での生活やビジネスなどに興味のある方のために

各国に駐在しているアンバサダーからの現地事情
英語などの語学や海外での生活情報
海外ビジネスの情報

など、幅広く最新の情報を発信しています。


最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。


開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る