明日から使えるサッカー英語⑱〜英語で「義理」は?〜

今回も、このコラムでも何回も登場しているマズーについて。 現在は、Jordan United Football Academy (JUFA)というサッカースクールを運営しているマズー。 もう10年以上会っていないが、未だにメールで連絡を取り合っている。 お互いにサッカーに携わっているということで、何か日本とヨルダンをサ…

続きを読む

3年B組ムエタイ先生~No.10「秀才くん田舎へ帰る」~

2013年年末からずっとバンコクで続いている反政府デモ。 「バンコクシャットダウン」という名の通り、 主要交差点や官公庁の封鎖を行っており、 官公庁が併設されている国立大学で働く私にも デモの影響は大きくのしかかってきています。  まず、渋滞が激しくなり通学・通勤が困難になりました。 そして大学の最寄駅(電車と地下鉄両…

続きを読む

2014年W杯対戦国・ギリシャの国民は日本代表をどう思っているのか!?

3

ご無沙汰しておりました。新井です。 2014年、今年はサッカーワールドカップの年ですね! そしてなんと!日本とギリシャがグループリーグで対戦するという偶然!! というわけで、現地からギリシャ国民の声をお届けしようと思います。     街のギリシャ人50名に、アンケート調査を実施しました。 以下、詳細…

続きを読む

うちの野球チームの社長が、全米でも注目を集めてるって言うから、日本に招待してみた。

こんにちは。開国ジャパン・アンバサダーの森岡浩志(モリス)です。コラムへの寄稿はお久しぶりとなります。近況はこちらのブログでもアップされているので、ご興味ある方は是非クリック! さて、この度、来る2014年1月15日(水)と17日(金)に、弊社リーハイバレー・アイアンピッグスの球団代表「カート・ランデス氏」が、東京は新…

続きを読む

クリスマス、インドの「消費」について考えてみる

今日のインドでは、経済成長のために消費がとにかく推し進められています。消費、特に大企業によって押し進められる消費に必ずといっていいほど伴うのが、大量の廃棄物。そして、インドの自治体の多くは大量の廃棄物を処理するキャパを持っていません。 ごみ収集車によって毎日回収される生活廃棄物は、殆どがいわゆる「ダンピンググラウンド」…

続きを読む

ミャンマーの北部で改めて気づいたミャンマーの多様性

前回の寄稿から随分と間が空いてしまった。この間、ミャンマーを取り巻く状況は目まぐるしく変わっている分野もあれば、そうでない分野もある。今回は「開国」しても変わることのないミャンマーという国家の多様性について書きたいと思う。 以前も述べたが、ミャンマーは7つの管区と7つの州から成っている。管区には主にビルマ族が多く住み、…

続きを読む

3年B組ムエタイ先生~No.09「洗剤よ熱く香れ!」~

想像してみて下さい。 激しい練習で汗びっしょりのムエタイ選手。 どんなにおいだと思いますか。 そう、フローラルなシャボンの香りです。 「当たり前だよね」と思ったあなたは、タイマニアです。 昔々、タイでは使用人が外で汗をかいて働く一方、貴族は涼しい場所で遊んでいたため 「くさい」…特に汗くさいことに対して、異常なまでの抵…

続きを読む

明日から使えるサッカー英語(17)〜○○の大ファンなんだ〜

やりましたね! 2020年、オリンピック東京開催! スポーツの祭典が自分の国に来るのを想像しただけで、毎日に活気が出るってもんです。 個人的に、世界的なスポーツの思い出と言えば、1998年の冬季長野オリンピック。 そして、やはり2002年の日韓サッカーワールドカップです。 当時は、日本のどこへ行っても、外国人がいました…

続きを読む

イタリアで浦島太郎になってしまう状態とは?

私のように海外に10年もいると、やはり自然と日本の感覚を少しずつ失ってしまうものです。 もちろん根本的なアイデンティティーに関する部分はそう簡単には変わらないけれど、ちょっとした価値観の違いや口調などが「生粋の日本人」 との微妙なズレを生じさせる気がします。 つい最近、なんじゃあこりゃあ!という出来事がありました。エラ…

続きを読む

相原ユタカの“年収3万円海外プロサッカー選手放浪記” Vol.60~女レフリーと試合模様~

Kajansi FCに来たはいいものの、まだ書類がそろわずにリーグは過ぎてゆく。 リーグ戦はいまだ外人用ライセンスが取得出来ないボクは出場できず。 ある日リーグがあったから、Kajansi FCがどんなプレーを試合で見せてくれるのか、楽しみにして見に行ったんだけどボクの興味は他にそそがれたのよ。 審判が女性だったのね。…

続きを読む

開国アンバサダー

現在89のアンバサダーが活躍中!

開国アンバサダーは、「グローバル社会で活躍する新しい日本人のロールモデル」 です。開国ジャパンでは彼らの熱い想いを発信しています。

開国アンバサダーとは 開国アンバサダー一覧 開国アンバサダー推薦フォーム

チーム開国ジャパン

ピックアップ

最新ニュース

  • U18W杯開幕、清宮オコエらで初V期待

    夏の甲子園を沸かせた高校生強打者2人が、28日開幕した第27回U−18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表として世界一に挑む。 ...

  • 「ガトリンの復讐」ボルト激突も無事

    【AFP=時事】(写真追加)第15回世界陸上北京大会(15th IAAF World Championships in Athletics Beijing)の男...

  • イチのファンサービスに観客感涙

    「マーリンズ1-2パイレーツ」(27日、マイアミ) マーリンズのイチロー外野手(41)は「2番・右翼」で出場し、4打数無安打。17打席連続無安打(3四球、1犠打...

  • 川栄李奈、初舞台で「おバカ」返上へ

    今月4日にAKB48を卒業した女優の川栄李奈が26日、都内で行われた舞台『AZUMI 幕末編』の制作発表・公開稽古に、共演者とともに出席した。 ...

  • 世界の若手億万長者30名 日本人は?

    フォーブスは世界で最も裕福な40歳未満の 44人のリストを公開した。ここではその中から30名をピックアップ。年齢の若い順に掲載する。 エヴァン・シュピーゲル(ス...

他のニュースも見る